• Home
  • /Windows
  • /え!Windows8ってコピー画面も進化したの?

え!Windows8ってコピー画面も進化したの?

キャプチャ
なんと、これ以上進化することはないだろうと思っていた方もいるかもしれないコピー・移動・削除のプログレス画面。
これがWindows8になってからは大幅に進化しました。
詳細は以下から。

キャプチャ

最も大きな変更点、「グラフ表示」。
コピー・移動・削除のプログレスを、x軸=進捗状況(%)でy軸=速度(bps,Kbps,Mbps,Gbps)で表してくれる優れモノです。
いらない方は多いかもしれませんが、デバイスが正常かどうかを確認する目処にもなります。
また、デバイスの速度の安定性を確認できたり、ネットワーク上のドライブなんかだとそことの転送速度の分布を知ることもできます。

キャプチャ3

そしてその次は「一時停止」。
「今からストレージを目一杯使う作業したいけど今コピー中じゃん・・・。早く作業したいけど止めたくはないなぁ」なんてこと、1回はあると思います。
そんな時に一時停止ボタンを押せば、その場で停止してI/Oの帯域を開放してくれて、再度押すと続きから再開することができます。
移動・削除の場合は一時停止してる状態でフリーズ・シャットダウン・電源切断等なったらどうなるのでしょう・・・。

キャプチャ4

次の機能は、「並列進捗表示(?)」。
今までコピー・移動・削除を2つ以上並行して行うと複数のウィンドウで進捗状況が示されましたが、今度のは違います。
全てまとめて表示してくれます。
縦に並んでいくから画面いっぱいになる以上にやったらどうなるんでしょう・・・。

キャプチャ6

次のは「重複するファイルがある際の表示の単純化(?)」。
この様に非常にシンプルになりました。

キャプチャ7

以前の様にファイルを比較するなら「ファイルの情報を比較する」を押すとこんな画面に。
こちらも進化してますね。

キャプチャ5

こちらはそれを並行コピー時にはどうなるかを検証したもの。
これも同じウィンドウに出る模様。

こういうユーザーがよく使うUIを高機能化・拡張してくれるのは非常に嬉しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*