一体今度は何をするつもりなのか、SoftBankがイー・アクセスを買収

softbank.gif
ソフトバンクがイー・アクセスを買収し、子会社化されました。
イー・モバイルの事業は継続する予定で、イー・アクセスとソフトバンクモバイルは業務提携し、ネットワークや基地局の相互利用・共用化するらしい。
スマホの普及に伴い通信料が増加し、帯域が足りなくなるのに対応する模様。
イー・アクセスが持つ国際共通周波数、1.7GHz、700MHzも取り込むことで、通信回線の混雑回避に繋がるとみられる。
そうすると、900MHzを5×2=10MHz幅、905MHzを10×2=20MHz幅、1.4279GHzを10×2=20MHz幅、1.96GHzを20×2=40MHz幅、700MHzを10×2=20MHz幅、1.7499GHzを5×2=10MHz幅、1.7549GHzを5×2=10MHz幅、1.7599GHzを5×2=10MHz幅などが使えることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*