• Home
  • /特集
  • /iOS6が発表、開発者向けβ版が配信開始

iOS6が発表、開発者向けβ版が配信開始

大半の機能がガラケー、Android、しゃべってコンシェルの後追い機能とみられる。だが、うちほとんどが、利用者の使いやすいような画期的な設計になっている模様です。
ここでは、公式サイトにない海外サイトからの情報なども盛り込んで、要約して説明します。
詳細は以下から。

まず、iPad1、iPod touch 3Gのサポート終了しました。
マップがApple独自の物になり、YouTubeが公式アプリから消えます。ライセンス契約が切れたことが理由だとか。
AppleはGoogleを完全に排除する模様らしいです。
独自の地図を作るにあたって、地図会社3社を過去に買収したらしく、買収した会社は、C3 Technologies社、Placebase社、Poly9社です。。
また、ストリートビューや航空写真を組み合わせたような、Flyoverが登場しました。
さらに、電話応答にはテキスト応答と瞬時に留守電に切替が可能に。
サファリではiPhoneにおいて、横向きでフルスクリーンにできるらしい。
リーディングリストの全デバイス対応、iCloudによるタブ共有。
iPhoneを探す機能は以前からありましたが、友達を探す機能が新たに追加されました。
メールのインターフェイスが更にGmailに近づくみたい。
ファイル添付が以前より容易になりました。
Facetimeが3Gでも使えるようになりました。
Facebookが公式アプリになりました。。
Siriがスポーツ、レストラン、映画関係に対応、FacebookやTwitterと連携に対応、アプリ起動に対応しました。
近いうちに対応する機能として、車のハンドルに付いた音声コマンドボタンを押すと、車にステイされたiOS機器のSiriにハンズフリーで質問できるようになったとか。
Google排除計画はがっかりでした。
マップ、正直Googleマップのが見やすい気がするのは気のせい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*