入力系統に特化したAsRock P67 Extreme

P67 Extreme6(m) (1)
公式サイト:AsRock P67 Extreme
AsRock製のミドルハイエンドマザーボード、P67 Extreme6についてのレビューです。
このマザーボードは筆者の自作PCにも使われています。
P67故に内蔵GPUは使えませんが、その代わりに様々な系統が装備されています。

P67 Extreme6(m)
AsRockのマザーボードは台湾・台北に本社をおいてますが、安心の日本製コンデンサが採用されてます。更にゴールドコーティングにより、寿命と安定性が向上されています。
私の見る限り、はんだ付けは綺麗で、変な所がショートしてしまうような初期不良はありませんでした。
規格の違いなども正確に色分けされていて、非常に組みやすかったです。
例として、SATA3GbpsとSATA6Gbpsがそれぞれ白と青に色分けされてますね。
これはたいていのマザボなら共通です。
同マザボにはCMOS Clearボタンも搭載されているので、結構活用できます。瞬時にBIOSをリセット可能です。誤って押してしまうと悲惨ですが・・・。
また、PLX PEX8608 チップオンボードのため、豊富なPCIレーンが提供されています。

ASRock マザーボードは限界を破り、PLX PEX8608 チップオンボードを埋め込むことで十分な PCI-E レーンを提供します。
PLX PEX8608 チップを搭載した ASRock マザーボード(例として P67 Extreme4 を取ります)

PLXチップを使えば、PCI-E デバイス用にさらに多くの PCI-E レーンを生成するため、PCI-E デバイスは同時に適切な速度で作動できます。
PLX PEX8608 チップを搭載しない他のブランドの P67 マザーボード

従来のスイッチでは、PCI-E で PCI-E x4 スロットを実行する場合、他の 3 PCI-E x1 スロットを使用することはできません。PCI-E x1 スロットのどれかにデバイスをインストールすると、PCI-E x4 スロットはPCI-E x1でダウングレード実行されるためパフォーマンスが低下します。


P67 Extreme6(m) (3)
同マザボはIntel P67チップセットなので、内蔵GPUを使うことはできませんが、その代わりにインターフェイスがとても豊富です。
光デジタル出力、DualGigabitEthernet、USB3.0を搭載です。
さらに、PS2端子を備えてることは、PS2キーボードを愛用している私には嬉しいことです。
同マザボはQuad CrossFireX、3-Way CrossFireX、CrossFireX、Quad SLI、SLIにも対応しているため、グラフィックボードにも特化しております。
THX TruStudio PROで音響設定、XFast USBでリムーバブルデバイス高速化、XFast LANでインターネット高速化、Dual LAN – Teamingで2つのLANポートをひとつにまとめられるなどなど、様々な機能・独自機能も豊富です。
公式サイト:AsRock P67 Extreme6

2 thoughts on “入力系統に特化したAsRock P67 Extreme

  1. これから自作しようとする私には、プロの方の難しいレビューよりもこのレビューの方がとても分かりやすかったです。
    レビュー、お疲れ様でした。
    Naoki

  2. コメントありがとうございます。
    分かりやすいとのご高評、とても嬉しく存じます。
    これからも当ブログをご覧いただけたら幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*